« 能登空港、地域公共交通ニーズへの公的対応のケーススタディとして | Main | ラッシュは西へ、青春18シーズンは苦行の西行き »

Tuesday, September 07, 2004

RE:反論:NPOはやはり自主か飼い犬

フォーラムのコメントリンク風タイトルにしてみました^_^;。

≫あはは。おかしいですね。まずこの前提が全くできていない。でも残念ですがこの流れは国民がしてしまっているわけです。責任は私かもしれないし、どこぞのゴンベイさんかもしれませんね。

 何故なんでしょうか。実際の法律のほとんどは、政府が作って国会審議を経て採決され成立するわけですが、役人は自分たちに都合のいい法律を作るし、議員は利権の分け前を得ればそれでよしですし、そもそも選挙制度自体が公正であるかどうかも定かではないです。それでいてこうなったのは「選んだ国民が悪い」とはうまくできてます-_-;。
 これは典型的な権力の腐敗でして、権力の座にある者が自己保身で身の回りを固めても、次の選挙で政権の座を追われれば、同じツールが自分を攻撃するものに変わってしまう、だからおかしなことはできないということで抑止力が働くんですね。これが本来の民主政治です。かのヒトラーも「民主的な」選挙で選ばれているんで、政権交代がない議会制民主主義は、実態として独裁政治と変わらない、どころか「わが国は民主国家」としゃあしゃあと言われてしまう分、悪質でさえあります。
 問題なのは一部野党の態度でして、彼らの言う「少数意見の尊重」はまったくおかしい。本来の意味は今は少数意見であるような意見でも、説得的な多数派工作の結果多数派となり得るように自由な減路活動を保証するという意味なんですが、自分たちが少数意見に留まっている、すなわち国民のニーズをつかみ損ねている現実を置いといて「少数意見だから尊重すべき」というのは、かなりバカバカしい話です。こういう野党がいてくれると、現政権に文句はあるけど政権交代までは望まない層が安心して投票してくれる、つまり彼ら少数野党は保守派の造反のガス抜き的な受け皿程度の存在意義しかないということです。そしてそれは確実に政権交代を阻害します。
 私はNPOの現実を知らないところで話しておりますが、この手の少数野党に匹敵するバカバカしい主張をするNPOというのは、確かにありそうで怖い^_^;。この手合いは実は無自覚に仲間内の足を引っ張っている困った存在にはなりそうですね。

|

« 能登空港、地域公共交通ニーズへの公的対応のケーススタディとして | Main | ラッシュは西へ、青春18シーズンは苦行の西行き »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

タイトル NPOのような某所の取るべき道はなんだろう

>問題なのは一部野党の態度でして、彼らの言う「少数意見の尊重」はまったくおかしい。本来の意味は今は少数意見であるような意見でも、説得的な多数派工作の結果多数派となり得るように自由な減路活動を保証するという意味なんですが、自分たちが少数意見に留まっている、すなわち国民のニーズをつかみ損ねている現実を置いといて「少数意見だから尊重すべき」というのは、かなりバカバカしい話

これが論破型NPOの実態です。意見発表のみに陶酔して行動にちっとも結びつかない。例えば戦争反対の声明は出すけど寄付を積極的にするという例はあまり聞きません。バザーをやって売り上げを寄付するといいますが、そもそもこれだって人の金でしょ。バザーで10万円売り上げたら、そこから経費を引くのではなくてさらに自分で10万足して送れば納得です。「私達は0円でやっている」のは「あたりまえでしょ!」の一喝で終わらせたいですね。

さていよいよ本論です。サービスは人の褌、情報は公開せず、目的は不明と商売だか非営利だかわからない某所は今までの論調で見ると「最悪のNPO」になります。意見は意味もなく言い、政府は批判し、金は受け取り、成果は出さない、あげくに会員を犬扱い。ここまでひどい例は見たことがありません。

まがいなりにも富士通のシステムを利用させてもらっているのなら(富士通の中の人になればこんな小うるさくて成果の上がらない事業はさっさと辞めたいでしょう。ご愁傷様です)せめて富士通に金が残るような努力をまず見せるべきでしょう。講演会で積極的にNiftyのブロードバンドを宣伝するとか、富士通のマシンを買ったら何かサービスをするとか・・ こういう努力を全く見ません。その割りに「Niftyは対応が遅い」や「フォーラムの存在価値を低く見た」とか泣き言ばっかり。ガキですな。
肝心のサービスはと問えば「実態なし」端的に言えばそうでしょう。それをいかにも「有料だから安心して書ける」や「情報をまとめられる」などどこをどう読めばこういう解釈になるのかわからない論法で煙に巻くのは長けているようです。

さて、長くなりました。管理人様の次なるアップを期待して筆を置きます

Posted by: SATO | Tuesday, September 07, 2004 at 05:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50724/1375869

Listed below are links to weblogs that reference RE:反論:NPOはやはり自主か飼い犬:

« 能登空港、地域公共交通ニーズへの公的対応のケーススタディとして | Main | ラッシュは西へ、青春18シーズンは苦行の西行き »