« 川崎市営地下鉄 武蔵小杉経由も検討? | Main | 地下鉄13号線相互直通5社、協議会を発足 »

Thursday, November 18, 2004

旅行貯金者の聖地はクマと出会う素敵なところ

奈良県上北山村に旅行貯金者あこがれの聖地があります。某レールウエーライター氏が広めた旅行貯金ですが、紀伊山地の奥深く、1962年完成の坂本ダムで水没を免れた8戸の住民のために残った東の川簡易郵便局がそうなんですが、既にわずかな住民も10年以上前に移転し、今は無人の集落に、旅行貯金取り扱いだけのために郵便局が残っていて、平日5日間住み込みの局長代行氏が常駐します。曰く「1週間人に会わないことも珍しくないが、クマやイノシシはよく局の前に来る」そうな。命がけのお仕事です^_^;。
 国費で旅行貯金者のための局を維持するという酔狂な話ですが、果たしてこのような局が廃止になることが「地方の切捨て」になるんでしょうか。ユニバーサルサービスの実態とはかくなるものか腹が立ちます。民間金融機関がカバーできない過疎地を補完する機能は必要でしょう。そのことには同意しますが、そのために全国津々浦々郵便局が必要か? このあたりに議論のすり替えがあります。彼らが守るべきと言っているのは郵政ファミリーの利権なんです。
 確かに過疎地では民間金融機関の窓口サービスが受けられないエリアがありますが、いまどきパソコンとブロードバンド回線があれば決済サービスは受けられます。テクノロジーの進化でケータイバンキングさえ夢ではありません。要はサービスの隙間を埋める補完機能があれば良いわけで、そのためのインフラ整備に知恵を出して公費を投入して「地方を切り捨てない」工夫が大事なのではないでしょうか。
 この冗談みたいな無人地帯の簡易局、いっそクマさん相手にドングリ貯金でも始めては?

|

« 川崎市営地下鉄 武蔵小杉経由も検討? | Main | 地下鉄13号線相互直通5社、協議会を発足 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

民営化」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50724/1995050

Listed below are links to weblogs that reference 旅行貯金者の聖地はクマと出会う素敵なところ:

» 旅行貯金 [ザックバラン情報局]
全国の郵便局を巡って幾らかの額を貯金し、通帳に取引記録を集めるのを「旅行貯金」というらしい。 [Read More]

Tracked on Friday, January 14, 2005 at 02:48 AM

« 川崎市営地下鉄 武蔵小杉経由も検討? | Main | 地下鉄13号線相互直通5社、協議会を発足 »