« 横浜高速鉄道営業黒字、MM線開業後初の通期決算 | Main | 西武鉄道再生策のゆらぎ »

Sunday, May 22, 2005

北海道新幹線着工、未解決問題はどーした?

何か北海道新幹線が着工したそうで、ニュースが流れましたが、一方でこんなニュースもあって、どういうことなんだろうかと思いますが、たぶんお得意の既成事実づくりってことなんでしょう。国土交通省のサイトには見つかりませんでした。
 というわけで、当ブログではこんな記事を書いておりまして、一応5/21着工の方針ではあったようで、1日ずれてますが、あくまでも北海道側のみの着工というところがミソでしょうか。つまり本州側は並行在来線がJR東日本の路線で、切り離してもJR北海道に受益が生まれない状況ですから、ペンディングしている状況と見るのが自然です。かついわゆる根元受益問題が解決したわけではなさそうです。
 より厳密に言えば、本州側の並行在来線は、事業主体となるJR北海道の保有する新中小国(信)~津軽今別の間だけで、近接するJR東日本津軽線は対象にはならないはずです。そして切り離し区間は北斗星やカシオペアが廃止ならばJR貨物専用となる区間であり、地元としては財政負担までして残す意味はないわけです。現行の整備スキームでは解決不能です。
 というわけで、いってみれば福井駅高架化で新幹線駅の準備工事を行って既成事実とすることと変わりがないわけです。それでも地元の期待感を膨らませて票に化けさせることはできるわけで、こういったニュースを無批判に全国配信するメディアは、選挙運動を手伝っていると言われても仕方ないところです。

|

« 横浜高速鉄道営業黒字、MM線開業後初の通期決算 | Main | 西武鉄道再生策のゆらぎ »

JR」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

都市間高速鉄道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50724/4234469

Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線着工、未解決問題はどーした?:

» 何でもアリか?整備新幹線。 [Simplex's Memo]
先日に引き続いて整備新幹線関連の話題を・・・。 まずは密かに来月の着工が決まった北海道新幹線から。 「負担さらに軽減も/北海道新幹線」 北海道新幹線新青森・新函館間の工事費増加を巡って、国と青森県が「三分の一地元負担」の対象枠を800億円から470億円に圧縮する方向で最終調整を進めている問題で、地元負担がさらに軽減される可能性があるという。 関係者の話を総合すると470億円のうち、貨物列車走行に伴う... [Read More]

Tracked on Tuesday, May 24, 2005 at 03:08 PM

» 整備新幹線新青森〜新函館間で起工式を実施 完成は2015年度末を予定 [Jariaの玉手箱]
関連: Yahoo! NEWS:新幹線、海峡越え北海道へ 新青森−新函館の起工式 税金の無駄遣い等、散々なことを言われている整備新幹線ですが、いよいよ北海道に上陸することになりました。 タイトルや関連のリンク先にもある通り、去る5月22日、整備新幹線の新青森〜新函館間の起工式が北海道大野町の新函館駅予定地にて行わたとか。 これをもって、基本計画から実に33年振りに同区間の工事が着工された�... [Read More]

Tracked on Thursday, May 26, 2005 at 12:42 AM

« 横浜高速鉄道営業黒字、MM線開業後初の通期決算 | Main | 西武鉄道再生策のゆらぎ »