« 宮城県沖地震で帰省Uターンラッシュ直撃 | Main | 祝、愛知万博1,500万人突破! »

Thursday, August 18, 2005

有楽町線のドアトラブル、安全装置に不具合…事故調(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:有楽町線のドアトラブル、安全装置に不具合…事故調(読売新聞).
他にもこんな記事があります。
配電盤のふたに不具合か国交省(共同通信)
配電盤カバー形状が原因か=突起接触し装置解除-東京メトロ車掌ら聴取・事故調(時事通信)
というわけで、配電盤のふたの形状が原因で保安装置が解除されていたということらしいです。
 ただし実際にドア開閉するためには、車掌スイッチを操作しなければならないわけですが、車掌は否定しています。事故調としては誤作動の可能性を追求することになるようです。
 あと7010Fらしい事故編成は、初期形の更新車だったのですが、問題の配電盤が新製当初から変更が加えられているのかどうか、オリジナルでも同じ問題が発生する可能性があったのかどうかなどは今のところ不明です。
 本当に不思議な事故です。東京メトロ7000系のオリジナル車は、確か相互乗り入れ協定によって西武鉄道仕様のドアエンジンを装備していたと思いますが、更新車でどうなっているのかまではわかりません。
 各線で相互直通運転を行う東京メトロでは、路線ごとに細かな仕様を乗り入れ相手先に合わせておりましたが、昨今のゼロシリーズなどでは標準化の傾向も見られるようで、外部からの現状把握は困難を極めます。
 さらに更新車となるとどうなのか、元々ドアエンジンなどの装備品は、乗り入れ先で故障したときの応急処置の都合を考えれば、仕様を合わせておくに越したことはないわけですが、昨今の技術革新のスピードの速さからすると、技術革新を妨げる可能性もありますし、機器の小型化などで予備品の備蓄や手配が容易になったという要素もありそうです。
 その一方でハイテク機器に関しては、ブラックボックス化してメーカーのサポートを頼らざるを得ない部分もあるなど、車両保守の現場も変化の波にさらされているのかもしれません。そのような背景で起きた事故であるとすれば、解決策はなかなか容易ではありません。
 果たしてこのミステリアスな事故の原因究明ができるでしょうか。

|

« 宮城県沖地震で帰省Uターンラッシュ直撃 | Main | 祝、愛知万博1,500万人突破! »

ニュース」カテゴリの記事

都市交通」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道事故」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50724/5528999

Listed below are links to weblogs that reference 有楽町線のドアトラブル、安全装置に不具合…事故調(読売新聞):

» 東京メトロ 有楽町線で走行中にドアが開くトラブル [Jariaの玉手箱]
関連: Yahoo!ニュース:<地下鉄有楽町線>保安装置が自動解除され扉開く 事故調 鉄分の濃い日々:134.走行中にドア開く さて、関連のリンク先によると、16日、東京メトロ有楽町線で走行中に数秒間扉が開くというトラブルが発生したそうです。 トラブルを起こしたのは新木場発清瀬行き普通列車で、形式は7000系。 鉄分の濃い日々さんの記事にて引用されている読売新聞朝刊の記事によると、池袋〜要町間を50km/hで�... [Read More]

Tracked on Thursday, August 18, 2005 at 06:18 PM

« 宮城県沖地震で帰省Uターンラッシュ直撃 | Main | 祝、愛知万博1,500万人突破! »