« 明暗を分けた大手私鉄中間決算 | Main | 耐震強度偽装でホテルコンサル登場 »

Sunday, November 27, 2005

耐震強度偽装で剥がれた小泉改革の化けの皮

んまぁ何だか続報ドッチャリで、これだけ露出が多いニュースなのに、肝心なところを外しまくっているメディア報道に辟易ですが、さすがにここまでズレていると目立ちます。

(11/26)武部氏「悪者探しで景気悪化」・耐震強度偽装で
BSEの時といい今回といい、芸風と呼べるほどに空気が読めていないツトムちゃんでした^_^;。牛肉食い過ぎて脳ミソ痛み始めたか(笑)。

本当の深刻さは、制度の信頼性が揺らいでいる点にあるわけですね。何を信じてマイホームを買ったら良いのか、国民に迷いが出れば、マンションの売れ行きは間違いなく下がります。当ブログでも当初から制度の問題として取り上げておりますが、注意が必要なのは、メディア報道で支配的な論調である一級建築士個人の不正やデベロッパーや建設会社の不実、民間検査機関の信頼性といった問題に矮小化すべきではありません。もっと根元的な問題なんです。こんなニュースを見ればその思いを強くします。

(11/27)耐震偽装、自治体も見逃し相次ぐ・審査方法見直しへ
元々自治体が行う建築確認申請の手続きに時間がかかるという理由で、民間の参入が認められた検査業務ですが、民営化論者は自治体が非効率だから民間開放と言っていたはずですが、元々人手不足で財政の縛りで増員もままならないから、検査に時間がかかっていた実態が無視された結果というわけですね。

以前から申し上げておりますが、財政再建にしろ公務員改革にしろ、現行からXX%削減といった数値目標を定めて行う方法は、仕事をしていないどーでもいー部門ほど対応して生き残り、本当に仕事をしている部門にとっては、身動きできなくなって機能低下するわけです。本当に必要なのは現行の公共部門の仕事のうち何をやめるかという話なんですね。

にも関わらず小泉政権下で行われている改革では、相変わらず数値による削減目標を議論したり、それで仕事が回らないと官業の非効率を盾に民間参入や民営化という議論ばかりで、何が要らないのかについては議論されておりません。郵政問題からしてそうですね。国営の郵政3事業が民営化してまで存続させなければならない理由は未だ語られませんし、政府系金融機関についても、組織を1つにするかどうするかという話ばかりで、本当は要らないんじゃないかという話は聞こえてきません。しかし悪いことに前の総選挙で国民の信任を与えてしまったんですから、今地震が来て強度偽装マンションが潰れて死者が出たら、一体誰のせいなのか迷います。

|

« 明暗を分けた大手私鉄中間決算 | Main | 耐震強度偽装でホテルコンサル登場 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50724/7352578

Listed below are links to weblogs that reference 耐震強度偽装で剥がれた小泉改革の化けの皮:

» 続・広がる不信:耐震強度偽装(木村建設・ヒューザーそして伊藤公介氏) [時評親爺]
「広がる不信」は、とうとう政治家の名前までが飛び出してきた。伊藤公介衆院議員(元国土庁長官)である。既報の通りであるが、以下に伊藤議員とヒューザ小嶋進社長そして国交省幹部との経緯について、当該記事をリンクしておく。項目タイトルは、当該記事のヘッドラインであるので注意。 1.ヒューザー社長 公表2日前、伊藤元長官が国交省幹部に紹介・・・27日付産経新聞 2.ヒューザー社長を国交省幹部に紹介、伊藤元長官が釈明・・・26日付日経新聞(共同配信) 3.ヒューザー社長、国交省を計3回訪問 支援求める... [Read More]

Tracked on Monday, November 28, 2005 at 08:58 AM

» (全国 要警戒) 岐阜県十六銀行、東京三菱銀行に続き日本郵政公社の元郵便局長代理(総額 1億円弱)横領など金融事件多発と耐震計算書偽造事件多発 [IRIMALL's Satellite at cocolog]
今日のニュースから、 日本郵政公社では、品川豊郵便局(東京都品川区豊町)の元局長 [Read More]

Tracked on Monday, November 28, 2005 at 02:33 PM

» 姉歯建築問題の裏で・・・ [兄やんの一言モノ申す]
ここのところ目立ったニュースがなく(マスコミが力を入れて流すニュースという意味)、姉歯建築問題がニュースをにぎわしていますが、APECに関することなど、もっとやらなければいけないことがあるのではないでしょうか? もちろん、この姉歯建築問題だって大きな問題....... [Read More]

Tracked on Monday, November 28, 2005 at 09:15 PM

» 激震・ローン返済は容赦なく [ブログ らぷぽ]
住民不在 中小企業に対し、銀行がやってきたことは「晴れの時に傘を貸し、雨には傘を貸さない」という生易しいものではなく「雨には傘を取上げた」とされるが。 こういう人に対し、何とも冷たい世の中だねー。今まで政府で支えてきたこの銀行業界、債権取立てを至上命令....... [Read More]

Tracked on Wednesday, November 30, 2005 at 10:13 AM

» 耐震強度偽造問題 [禁煙日記 禁断症状]
他人事じゃないかもね、手抜きマンション。 先週末から偽造構造計算書が発覚して、蜂... [Read More]

Tracked on Thursday, December 01, 2005 at 02:03 AM

» 耐震・それぞれの思い [ブログ らぷぽ]
 耐震構造偽造に関します今回の事態の深刻さに多くの人達が怒り、嘆いていることをブログを通して切実に感じています。  表現はさまざま、例えば、深刻に受け止めるがゆえに「おふざけ表現」になってしまったり、あるいはそのまま、その方の視点でぶつけたり・・あまり....... [Read More]

Tracked on Thursday, December 01, 2005 at 10:53 PM

» 姉歯氏バッシングについて [赤糸屋のつられてつらつら]
世の中を騒がしている耐震強度偽装問題。 姉歯氏がかなりのバッシングを受けていますね。 そりゃ、1級建築士としてはあるまじき行為でしょう。 ことの発端は東京のとある設計事務所代表の通報から。 04年1月に姉歯氏に、構造の欠陥を指摘。 同月に検査機関・日本...... [Read More]

Tracked on Friday, December 02, 2005 at 06:41 AM

» ■命と引き換えに家を建てる?〜銀行のローン政策に疑問? [AKATUKI DESIGN]
例のヒューザー、姉歯設計士等による耐震偽装マンションの件。 購入住民の補償問題が問題になっているが、いろいろ疑問も多い。 「106%で買い戻す」と、見え見えのウソで延命を図るヒューザー。 マンションの使用禁止命令はすぐ発動したのに、なかなか支援策は打ち出せない行政。 怒りの矛先を同業他社に向けようと必死のイーホームズ。 そして、ひたすら沈黙を続ける銀行・・・ 人命優先のはずが責任転嫁、責任逃れの茶番の為に、地域住民、�... [Read More]

Tracked on Saturday, December 03, 2005 at 07:40 AM

» 姉歯元一級建築士による耐震強度の偽装問題について [陶芸ブログ 炎と土にたわむれて]
姉歯元一級建築士(12/8資格取り消し)による耐震強度の偽装問題について、現在テレビでも大騒ぎしてますね。 朝から夜中まで一日中といった感じです。 国交省の6日までのまとめで、姉歯元建築士が設計に関与したマンション、ホテルは全国に208件あり、15都府県の計62件で偽造が確認された。 地震に耐えられる建物をどのように建てるのかは、法律などで定められ,それらをまとめて「耐震基準」と呼んでいます。現在の耐震基準は1981年にできたもので、それまでのものと区別するために「新耐震基準」と呼ばれていま... [Read More]

Tracked on Saturday, December 10, 2005 at 12:11 AM

» 耐震強度偽装問題その2 [陶芸ブログ 炎と土にたわむれて]
自民・渡辺議員質問長すぎっ 耐震強度偽装問題証人喚問 40分中30分“演説” 『自民党・渡辺具能(ともよし)議員は、最長の40分もの時間を与えられながら、30分以上も自身の推理を披露。渡辺氏の悠長な“演説”のせいで、肝心の姉歯氏の発言の場がほとんどなくなってしまった。』 証人喚問が茶番と言われるのはこういうことがあるから、、、。テレビカメラがずらりと並んだ議事堂で日本中がかたずを飲んで見守るののなか、一身に注目を集め得意満面。政治ショーに終わるような喚問に意味があるんでしょうか? [耐震偽... [Read More]

Tracked on Saturday, December 17, 2005 at 09:48 PM

» 耐震強度偽装問題その2 [陶芸ブログ 炎と土にたわむれて]
自民・渡辺議員質問長すぎっ 耐震強度偽装問題証人喚問 40分中30分“演説” 『自民党・渡辺具能(ともよし)議員は、最長の40分もの時間を与えられながら、30分以上も自身の推理を披露。渡辺氏の悠長な“演説”のせいで、肝心の姉歯氏の発言の場がほとんどなくなってしまった。』 証人喚問が茶番と言われるのはこういうことがあるから、、、。テレビカメラがずらりと並んだ議事堂で日本中がかたずを飲んで見守るののなか、一身に注目を集め得意満面。政治ショーに終わるような喚問に意味があるんでしょうか? [耐震偽... [Read More]

Tracked on Sunday, December 18, 2005 at 01:27 AM

« 明暗を分けた大手私鉄中間決算 | Main | 耐震強度偽装でホテルコンサル登場 »