« 高くつく内部補助、公共性と独占の関係 | Main | グレーゾーンマニュアル、ライブドア問題 »

Monday, January 23, 2006

ライブドア問題、閉鎖的市場のトリックスター

世間ではライブドア問題で揺れておりますが、間違いなく一番被害を被ったのは一般投資家です。1/16の東京地検特捜部による突然の強制捜査には驚かされましたが、そもそも何が問題なのか、また金融庁傘下の証券取引等監視委員会(以下“監視委”とする)による告発ではなく、何故に東京地検特捜部が直接動いたのか、また罪状としていわれた偽計取引による証券取引法違反では、罰金500万円程度の微罪で、とてもじゃないけど東京地検特捜部が動くような案件とも思えませんでした。

またニッポン放送買収騒動のときの時間外取引問題や株式100分割などのきわどい手法も含めての訴追であるとしても、それぞれ単独では訴追が難しいものをいくら積み上げたところで、公判を維持できるほどのものが出てくるとも思えませんでした。

そんな中で投資組合を利用した企業買収や資本取引である株式売却益を売上計上して粉飾決算をしたりという事実が出てきて、どうやら堀江社長を含む幹部の身柄拘束は避けられないようですね(記事執筆中に逮捕の報道が流れました)。

以前こんな記事を書いておりますが、基本的には西武コクド問題をはじめとする経営陣による投資家を欺いた事件の流れを踏襲しており、IT企業だからといって特別なことはなかったわけです。ある意味企業経営者が都合良く利用してきた法律の抜け穴を、新参者のライブドアがかなりえげつなく利用した結果、制度の見直しが後追いすることとなって、規制緩和で自由度が高まったといわれる日本の資本市場が弱点をさらしたわけです。言ってみればライブドアのようなトリックスターを生み出した市場の欠陥です。

規制緩和で原則規制から原則自由へと舵を切った最近の日本ですが、同時に自由に伴う結果の責任は厳しく問われるはずなのに、財界のご用聞きに終始して世界的に見ても罰則の緩い資本市場となってしまった結果です。最初から厳しいルールを定めておくことはせず、こっそり抜け道を用意しておいて、ライブドアのような新参者にそこを突かれて慌てて規制強化というイタチごっこの果てに、ルールの複雑さが積み上がり、新たな抜け穴ができてしまうんですから、問題は深刻です。冒頭で述べたように金融庁傘下の監視委が告発したのではなく、地検特捜部が独自に内偵して事件となったというのは、そもそも日本の金融行政の欠陥を露呈したものと見る必要があります。

先日のみずほ証券の誤発注事件でも、新規上場のjcom株の総株式数を越える取引が成立したこと自体が異常事態を表しているにも関わらず、取引を止めて対応することをしなかった東証に代表されるように、日本の資本市場には番人不在で投資家保護はどこ吹く風、トバッチリで損しても自己責任でアンタのせいで済まされてしまう株式投資に個人投資家が大挙参入してきたんですから、市場関係者や企業経営者にとってはカモネギの団体様とっととスって引っ込んでくれれば一番ありがたいわけです。繰り返し書かせていただきますが、株式投資は長期保有による配当利回りとキャピタルゲイン狙いが王道です。

|

« 高くつく内部補助、公共性と独占の関係 | Main | グレーゾーンマニュアル、ライブドア問題 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50724/8302315

Listed below are links to weblogs that reference ライブドア問題、閉鎖的市場のトリックスター:

» ホリエモン逮捕に一言 [新・阪神優勝、巨人最下位]
ホリエモンのことは、現時点では考えがまとまらないので詳しいエントリーはできないのですが、これだけは一言。 一昨年の球界再編の時、ホリエモンが近鉄買収に手を上げてくれなかったら、ナベツネ・宮内の思うとおりのシナリオで球界再編が進んでいた。 それを阻止した功績..... [Read More]

Tracked on Tuesday, January 24, 2006 at 07:42 AM

» ホリエモン逮捕!で思うこと [ホークス応援ブログ ハピサプ!]
あっという間に来るべきところまでキター!!!いや、最初「最悪逮捕」と予想したけど、ホントにそうなるとは。しかも、たった1週間で・・・<ライブドア>堀江社長ら逮捕 証取法違反容疑で東京地検まず、容疑の内容を簡単に確認しておくと、証券取引法第158条の「風説の...... [Read More]

Tracked on Tuesday, January 24, 2006 at 06:56 PM

» ついにホリエモンに手が伸びた!そして逮捕!! [新「とっつあん通信」]
東京地検特捜部は 関連会社の株取引をめぐる証券取引法違反容疑で ライブドアの堀江貴文社長の事情聴取をはじめました。 そしてさきほど午後8時前に逮捕しました。 逮捕されたのは堀江社長と宮内取締役それに ライブドアマーケティングの岡本社長ら4人。 強制捜査が....... [Read More]

Tracked on Tuesday, January 24, 2006 at 09:41 PM

» ライブドアはどこまで「脱ホリエモン」をはかれるか? [新「とっつあん通信」]
そろそろ「ライブドア」ネタから 離れたいのが正直なところですが こうもいろいろな動きがあると書かざるをえないのが現状です。 きょう開かれたライブドアの取締役会で きのう逮捕された堀江社長の退任が決まったものの 「本人の意思確認が出来ない」との理由で 「取....... [Read More]

Tracked on Tuesday, January 24, 2006 at 09:44 PM

» 【速報】ホリエモン逮捕… [祐貴のディープなブログ]
1月23日、東京地検特捜部は、証券取引法違反容疑でlivedoor社長・堀江貴文容疑者ら4人を逮捕した。 当社取締役等の逮捕に関するお知らせ(livedoor) マジで…というのが、正直な感想。まだ信じられない…。ブログを書こうと思ってlivedoorホームにアクセスすると....... [Read More]

Tracked on Wednesday, January 25, 2006 at 03:35 PM

» ホリエモンが社長辞任、新社長に平松氏 [祐貴のディープなブログ]
1月24日、livedoorは、livedoor社長の堀江貴文容疑者が証券取引法違反容疑で逮捕された事を受け、堀江容疑者の代表権および社長の地位の異動を取締役会で決議した。新執行役員社長には、子会社の弥生社長兼livedoor執行役員上級副社長の平松庚三氏が、新代表取締役には、取締...... [Read More]

Tracked on Wednesday, January 25, 2006 at 03:41 PM

» 無料配信■堀江容疑者の保有する競走馬に関して [競馬情報会社ファクトワン]
堀江容疑者の馬が競走除外−公正保持のため好ましくない [Read More]

Tracked on Thursday, January 26, 2006 at 04:12 AM

« 高くつく内部補助、公共性と独占の関係 | Main | グレーゾーンマニュアル、ライブドア問題 »