« ジャパン老いるマネー | Main | 京王アイボリー時代 »

Monday, February 23, 2009

本業以外がブレーキ、私鉄大手2009年3月決算






私鉄シテツ大手オオテ13シャ2009ネン3ガツ連結レンケツ決算ケッサン見通ミトオ
  売上ウリアゲダカ 純利益ジュンリエキ 運輸ウンユ事業ジギョウ売上ウリアゲ比率ヒリツ
東急トウキュウ 13,188(-4) 230(-50) 15.5
近鉄キンテツ 9,750(+5) 180(-23) 23.5
阪急ハンキュウ阪神ハンシン 6,880(-9) 210(*33) 29.0
名鉄メイテツ 6,700(-6) 110(-11) 52.1
東武トウブ 6,060(-3) 155(-13) 36.5
小田急オダキュウ 5,610(-10) 100(-47) 31.4
京王ケイオウ 4,220(-2) 158(-13) 31.5
西鉄ニシテツ 3,495(-3) 20(-69) 28.6
京急ケイキュウ 3,260(+4) 115(-14) 37.9
相鉄ソウテツ 2,756(-2) 54(-30) 15.9
京阪ケイハン 2,579(-2) 71(-15) 33.8
京成ケイセイ 2,360(-1) 98(-19) 50.7
南海ナンカイ 1,910(+1) 125(+10) 47.3


久々の決算ネタです。今回はリーマンショック以来の景気後退の影響が出ておりますが、運輸業自体の業績は安定しているものの、百貨店など流通と、マンション販売や賃貸など不動産のブレーキがきついようです。とはいえ各社各様、置かれている状況の違いは大きそうです。本業比率が高くても、名鉄、京急、京成、南海の空港連絡輸送組の不振は止むを得ませんし、名鉄や西鉄のように、自動車産業依存度の高いエリアの会社では、派遣切りや期間工雇い止めで人口減もあるわけですから、業績に影響はあるでしょう。

加えて、今後は高齢化が大都市圏に波及する局面となりますので、流通や不動産の業績回復も望み薄となりますので、大手私鉄にとっては、長いトンネルになる可能性があります。年寄りは家もモノも買わないですからね。

一方のJRも、元々景気変動と連動性の高い新幹線で影響が出ており、特に自動車不況の影響を受ける東海道山陽新幹線で顕著です。リニアどころじゃないかも。

|

« ジャパン老いるマネー | Main | 京王アイボリー時代 »

ニュース」カテゴリの記事

大手私鉄」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50724/44155362

Listed below are links to weblogs that reference 本業以外がブレーキ、私鉄大手2009年3月決算:

« ジャパン老いるマネー | Main | 京王アイボリー時代 »