« April 2014 | Main | June 2014 »

May 2014

Sunday, May 25, 2014

悪霊も大爆笑の日乃本新喜劇

ニコライ・フセヴォロドヴィッチ・スタヴローギンは、地主階級の未亡人ワルワーラ夫人の一人息子で、類いまれな美貌と頭脳の持ち主ながら、決闘3度に少女凌辱など放蕩三昧のニヒリストで、作中人物のキリーロフに「自分が何も信じていないことすら信じていない」と言わしめたほど。そのニコライの家庭教師を務めた縁でスタブローギン家の食客となった元大学教授で進歩派のステバン氏に、ワルワーラ夫人がある日スタブローギン家の農奴シャートフの妹でワルワーラ夫人の養女ダーシャとの縁談を思いつき、強引に話を進めようとしますが、その気が全くないステバン氏は困って留学中の息子ピョートル・ステバーノヴィッチ・ヴェルホーヴェンスキーを呼び戻して相談します。ピョートルは「政治的詐欺師」を自称するテロリストという裏の顔を持ち、文学サークルを装った政治組織を作って、ニコライをリーダーに祭り上げます。ニコライは百も承知で好きにさせます。

ドストエフスキーの代表作「悪霊」の冒頭部分のダイジェストですが、革命前夜のロシアを見事に描き切った作品です。政治組織の内ゲバで仲間を粛清し、内部はさらに混乱し、当局に拘束された革命家ネチャーエフの事件から構想し、ピョートルはネチャーエフがモデルと言われます。それ故革命後、ネチャーエフに同情的だったとされるレーニンによって反革命作家の烙印を押されたといういわくつきの作品でもあります。そういう意味で美味しんぼ騒動のように、創作に対する政治介入が易々とできてしまう日本って-_-;。ま、作者の格の違いは比べるべくもありませんが。

専制国家内部での上流階級の自堕落と中流階級の不満が出会った不幸というところに普遍性を見いだせます。内ゲバの末あさま山荘の攻防戦に追い込まれた日本の連合赤軍は、当時大学進学率3割と、現在の半分の水準だった時代背景を考えると、進歩派中流家庭の鬼子と言えますし、アラブの富豪の出自であるビンラディンの元へ聖戦士を夢見る意識の高い若者がアルカイダに参集する構図は変わりません。もう少し言い換えると、最大多数の最大幸福を標榜する民主政治は、中間層の厚みを前提にする限り、中間層の満足度を高める政治システムと言えますから、テロ防止の強力なツールになるわけです。

いち早く近代の扉を開いた西欧に対し、ロシアの立ち位置は微妙です。ありていに言えば辺境ということですが、宗教的には東方正教に属し、むしろローマカトリックに対してさえ正統派を自負する存在でもあります。そして欧州では例外的にアジア的な大帝国を築いた国でもあります。その意味で主権国家の定義と共に近代の始まりとされる30年戦争終結とウエストファリア条約の発効によって、ローマ教皇庁の支配を終わらせ国家を超える存在としての宗教が否定されたわけですが、ロシア自身はその枠外にいて、封建領主の土地囲い込みによる封建農奴の追放と都市流入という西欧の近代と異なった歴史過程を踏みます。ある意味アジア的な専制国家の下、古い中世の仕組みが温存された社会だったわけです。

ウエストファリア条約自体は、主権国家が宗教を選択できるとしているものの、想定されているのはカトリックかプロテスタントかという二択だったわけですが、イギリスが拡大解釈してイギリス国教会をでっち上げたように、一定の汎用性があったわけで、皮肉なことに東方正教のロシアやムスリムのオスマン帝国などにも援用可能なわけで、結果的にアジア的大帝国は延命することになります。このことの多義性はいろいろ厄介なんですが、例えば万世一系の現人神にあらせられる国家元首とか、政府の上位にある党とかが簡単に定義できてしまうという側面と共に、西欧世界と直接軍事的に対峙していたオスマン帝国は解体されますが、遠いインドや中国には直接軍事的には関与せず、軍備の威嚇を前提としながらですが、帝国の政体のまま貿易を独占するなどして搾取するという関係が築かれます。いわゆる植民地貿易ですね。

こういった西欧世界のロジックに直面してきたロシアの立ち位置の微妙さは、ウクライナ問題にも影を落とします。近代主権国家を定義した西欧では、今や主権国家の枠組みを見直す可能性のある国家統合の途上にあります。EU自体は歴史的に交戦を繰り返してきた独仏両国の妥協の産物ですが、統合と言えば聞こえは良いものの、2度の大戦で疲弊し、米ソ冷戦下で常に両大国の圧力に耐えてきた西欧世界に対し、アジアでは帝国が温存されアメリカは孤立主義で帝国化し、ロシアでは社会主義革命でソビエト国家が成立し、実態は計画経済の帝国として機能し、ソビエト自体は解体されたものの、ロシア共和国はなお強大で、且つ旧ソ連を形成していた各国への影響力を保持しようとしている状況で、自らも帝国化の道を歩み始めたと見ればわかりやすいところです。結果的に周辺国への加盟拡大で、域内貿易を拡大することで、見かけ上の成長が実現するわけですから、ある意味かつての植民地貿易にも比肩しうる欺瞞が潜んでいます。

というわけで、かつて先進国と途上国の間に越えがたい壁のあった時代には、少なくとも先進国では民主政治のシステムが有効に働いて国内の所得格差は縮小傾向にあったのですが、東西冷戦の終結と新興国の台頭に、金融自由化ととIT革命の影響もあって、国家間の格差は縮小する一方、国内の所得階層間の格差は拡大し、特に先進国では中間層の下層シフトが顕著となり、上記の中間層の満足度が低下することになります。つまり民主政治が機能しなくなってきているわけで、悪霊で描かれた革命前夜のロシアの状況が普遍性を持つという不幸を甘受する羽目に陥っているということでしょうか。9.11のような直接的なテロ以外にも、移民排斥やヘイトデモなども同じ文脈と考えられます。また、政治のポピュリズムによって、そういった国民の気分に政治が反応し、国家間の対立へと発展する傾向もまた顕著となります。

という中で、中ロ間で天然ガス供給をはじめ、接近の動きがあるという報道がありますが、その一方で中国は中央アジアのカザフスタンなど個諸国との関係を強化したり、ウクライナにまで核の脅威から守るという友好条約を親ロ派と言われたヤヌコビッチ政権時代に締結するなどしてロシアの近隣国に手を伸ばしている状況ではありえない話です。

というか、中国自身が世界の帝国化の趨勢を横目に見ながら、共産党の一党独裁をやめられない状況にあるというべきでしょうか。元々22省5自治区4直轄市2特別行政区に区分された多民族連邦国家で、共産党支配がなければ国家統治が成り立たない状況がある上に、急成長で都市部を中心に拡大した中間層が、とりあえず現状を支持している状況です。中国を囲む各国が帝国化する中では現実的な選択ではあります。とはいえ民主政治が確立していないため、所得配分の歪みを是正することができず、ウイグルのテロ事件などが防げない状況です。意外なことですが、中国指導部は長期政権を安定的に維持している日本を手本にしているそうな。そういう意味で民主党の政権交代の失敗は、悲しいかな取り返しがつかないことかもしれません。

ロシアの苛立ちには「オランダ病」と言われる資源国のジレンマもあります。新興国の工業化で資源争奪戦が激化した結果、資源価格は上昇しているわけですが、その結果、オーストラリアやブラジルなどの資源輸出国は貿易黒字になり通貨高のため、工業製品の輸出競争力が低下してしまうというものです。ロシアも同様の状況にあるわけですから、経済制裁で通貨安となっているロシアの現状はことのほか悪くないということは言えるかもしれません。経済関係の希薄なアメリカは別として、EUも日本もロシアの石油や天然ガスは、中東と並ぶ生命線でもあるわけで、これ以上の経済制裁には踏み込めないのではないかと言われています。

これに苛立つアメリカは、シェールガス革命に沸く国内事情もあって、従来戦略物資として原則輸出禁止としてきた石油やガスなどの輸出を強化する動きを見せています。これは禁輸のためにアメリカ国内のガス価格が著しく低下してしまい、掘削コストのかかるシェールガスやタイトオイルの開発にブレーキがかかっているという裏の事情もあり、ロシア制裁のために日欧への輸出を戦略的に進めるという流れになるとすれば、どちらに転んでも日本には悪くない状況は期待できます。ただし落とし穴もあります。

時事深層 INDUSTRY 
ヘリウム不足、 ロシア混迷で深刻に
日経ビジネス2014年4月21日号
シェールガスは成分の関係で在来型の天然ガスと比べていろいろ問題点もあります。その1つが精製過程で副産物として得られるヘリウムの生産が縮小するという問題で、、アメリカは今のところ世界へ輸出しておりますが、ヘリウムも禁輸される可能性があり、そうなるとコイル冷却で大量のヘリウムを必要とする超伝導リニアがとん挫する可能性が出てくるというものです。そういやナチスドイツへの経済制裁としてドイツへのヘリウム供給を止めたことが思い出されます。

第一次大戦でドイツの飛行船ツェッペリン号の空爆でイギリスの工業力は壊滅的打撃を受けたわけですから、ヘリウム禁輸は当時としては当然と考えられていたようですが、その結果ドイツが意地になって開発した大型飛行船ヒンデンブルク号は水素ガスを用いた結果、試験飛行中に爆発炎上するという事故を引き起こします。一方で改良が進んで高速でと別航空機の発展もあって、飛行船の歴史は一旦途絶えるわけですが、超電導リニアは第二のヒンデンブルク号になるのでしょうか。

というわけで、マルクスの有名な言葉「歴史は繰り返す。1度目は悲劇として、2度目は喜劇として」に倣えば、悪霊のニコライも腹抱えて大爆笑中かも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, May 11, 2014

いざ鎌倉のロードプライシング

たまにゃ地元ネタってことで、既にメディアでも報じられていますが、鎌倉市が行楽シーズンの深刻な渋滞対策としてロードプライシングの導入を打ち出しました。アイデア自体は古くからありましたが、過去の渋滞対策が行き詰ってきていることもあり、踏み込まざるを得ない状況ってことなんでしょう。

これまでにも大晦日から正月3賀日にかけての一般車両規制は古くから実施されていて、路線バス、タクシーまで規制しての若宮大路の歩行者天国という大胆なものです。路線バスは大船駅方面は八幡宮裏の駐車場折り返し、西口発着のミニバスは市役所前折り返しで、残りはJRガード下の下馬交差点付近を臨時ターミナルとし、特徴的なのは浄妙寺、朝比奈方面のバスを郵便局前から路地のような裏道に迂回させ、沿道に誘導員を何人も立たせている状況で、かなりコストがかかっているわけです。故に実施日の拡大の要求は以前からあったものの、実現はしませんでした。

その後社会実験を経てパークアンドライドが実施されますが、正式に実施されたのが七里ヶ浜県営パーキングと江ノ電の組み合わせと、由比ヶ浜駐車場と新設のシャトルバス「ふくちゃん号」の組み合わせの2例となり、6時間駐車で環境手形という名の1日乗車券(店舗施設割引優待付)2名分を渡すというものですが、GWなどでは江ノ電が混雑して改札止めが頻発する状況ですし、由比ヶ浜の方はそもそも渋滞でシャトルバスが動けないということで、現在は運行区間、本数ともに減っている上に、シャトルバスはGWや年末年始は運休ということで、渋滞解消の切り札となるには至っておりません。また第3弾、第4弾として考えられていた杉本観音や鎌倉女子大前にパーキングを作ってシャトルバスに乗り換えさせる計画も、現状では幻と言わざるを得ません。

そのほかにも土休日は市役所の駐車場を有料で利用させる取り組みもありますが、朝には満車で入ったら出ないから日中は待っても空かないし、そもそも市役所へ向かう道が混雑するしで、使い勝手は良くありません。上記のパークアンドライドと共に、積極的に広報できない事情があるわけです。

というわけで、流入する行楽目的のマイカーを減らすしかないということになったものの、そもそも一般道路への課金は可能なのかという問題もあります。一応法令では道路は無料開放が原則となってはいるものの、課金自体を禁止する法令はないということで、鎌倉市では法定外目的税としての導入を考えています。つまり道路のキャパシティを超える流入を抑えると同時に、税収を財源として道路や駐車場の整備に使って、渋滞の原因そのものを減らそうということですが、越えなければならないハードルは多数あります。

一番大きいのは公平性の観点です。担税者の多くは市外在住者ですから、その人たちの同意を取り付ける必要がありますが、鎌倉市の有権者でなく、投票による意思表示ができないわけですから、結局地方自治を管轄する総務省の判断となります。当然公平性の観点から、市民に対しても課金することを求められると思いますが、これが鎌倉市民の間で大論争となっています。個人的には市民といえども課金は当然と思います。車が減ってバスが定時運行できれば問題はないわけですし、投票権を持たない人たちに課税する以上、市民だけ特別扱いとはいきません。しかし逆に市民は投票権を持っていますから、ややこしいところです。鎌倉市が市民を説得できるかどうかが、一番のハードルかもしれません。

それとメディア報道ではほとんど触れられていないのですが、そもそもマイカーから公共交通へといっても、上記のように江ノ電は改札止め、シャトルバスは運休、JRですら鎌倉駅の混雑対策に四苦八苦していて、コンコースからホームへ上がる階段3箇所を上り下りで使い分けてどうにかさばいている状況です。これ以上乗客が増えたら、JRですら改札規制に踏み切らざるを得ない状況も考えられます。まして子どもを伴う家族連れが多く、。平日の通勤ラッシュのように乗客の慣れでカバーできる要素はありませんので、ある意味平日以上のカオスとも言えるわけです。JRにとって救いは定期客ではなく、多くは正規運賃を支払っているということです。逆にだからこそ駅員の接客対応も難しくなります。

江ノ電やJRでさえこんな状況ですから、マイカーから公共交通へ移転というときに、鉄道以上にバスの輸送能力にも課題があります。鎌倉は基本ベッドタウンですから、バスの運行ダイヤも平日は朝夕の対応がs中心で、あと終電受けの深夜バスま長時間の運行時間帯をカバーする必要から、昼間のダイヤが疎らで且つパターン化されていない一方、土休日は昼間のパターンダイヤ中心で渋滞対策で予備車まで動員される場合がある一方、終車が早いという極端に異なった運行パターンを採用せざるを得ず、それでも行楽シーズンには遅れが常態化という状況で、勢い市民もマイカーを頼りにする傾向があります。まして高台でバス停まで階段があるなどバス利用を阻む要素が強いこともあり、上記の市民課金の問題でも説得を難しくする要素です。しかも京急、江ノ電の民間2社がそれぞれ自社都合で最適ダイヤを組む関係で、共同路線ですら連携が取れていないため、無駄に便数がある割に利用しにくかったりという状況もあります。

こういったことへの対応ってわけかどうかはわかりませんが、このGWには新たな社会実験が行われました。朝比奈峠越えのつづら折で元々自然渋滞が起きやすい上に、横横道路朝比奈インターができて休日のマイカー流入が激増してバス2時間遅れが当たり前という県道鎌倉金沢線の浄妙寺、十二所地区の救済を狙って、鎌倉駅→浄妙寺→ハイランド→鎌倉駅という循環バスを5/3‐5/5の3日間、昼間20分ヘッドで運行しました。京急バスが運行を担当し、ハイランドから鎌倉駅ヘは名越トンネル経由でノンストップとし、渋滞ポイントの八幡宮を迂回するルートで運行しました。駅前で目撃した限りでは、立客ありの乗りだったので、試し乗りはあるにしても、それなりに利用されていたようで、車内アンケートの結果も踏まえての評価の発表が待たれます。

というわけで、メディア報道では唐突感のある鎌倉市のロードプライシングですが、ここに至った経過を広く発信して市外の担税者の同意を得る努力は必要です。またその前提として、公平性の観点から市民を特別扱いしないこともまた重要です。この辺は先日成立した交通政策基本法の元になった交通基本法の民主党案で明記されていた移動権が盛り込まれなかったことが残念なところです。憲法25条の生存権の拡張概念としての移動権を盾にすれば、法定外目的税としても通りが良かったと思いますが、解釈改憲にまで踏み込んで憲法99条の憲法順守義務どこ吹く風の現政権では望むべくもないところです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sunday, May 04, 2014

春はあけぼの

ってことで、3月改正で廃止された寝台特急あけぼのが、GW期間の4/25-5/6(上野発、上りは1日ずれる)に早速臨時列車として運行されております。なるほど季節臨として運行すれば、予定を合わせて利用する人はいるわけですね。車両の老朽化という現実の中で、新車代替すれば減価償却が発生してコストアップする分をカバーできるほど採算性のない列車の延命策と考えれば、今後の夜行列車の在り方を示唆します。

レジャーシーズンに合わせて普段は車両基地で集中保守して次の臨時運行に備えておいて、また企業の休業でJR貨物の機関車や乗務員に余裕が出るので、無理なく運行委託できるということですね。おそらく北海道新幹線開業後の北斗星やカシオペアもこうなるのでしょう。まして季節運行で希少性をアピールできますから、当面は予約開始即秒殺満席のプレミアムチケット間違いなしですし、飽きられれば運行日を絞り込めば良いのですから、JR東日本にとってはおいしい商売です。いとをかし^_^;。

ってことで、スケジュール調整に失敗してお出かけ予定のないGWですが、憲法記念日ってことで、憲法関連の話題ですが、安倍政権が打ち出す集団的自衛権の憲法解釈変更夜容認の議論ですが、安倍首相は本当に理解して喋っているだろうかというのが疑問です。憲法の例外を規定するのが個別具体法ですから、「解釈改憲」などと大上段に構えた議論は不要です。

個別具体法の条文で、現行憲法では行使できないとされている集団的自衛権を行使できる場合を具体的に明記すれば一応可能なんで、例えばPKO法で国連に指揮権を預け、現地の指揮官の指示に従うとでもすれば良いのですが、おそらくそれだと個別事例ごとに膨大な立法手続きが必要になり、当然その国会審議過程で揉めることになります。丁度特定秘密保護法の成立過程を見れば明らかですが、どうにでも解釈できる雑な条文で、数の力で強引に国会を通すなんてことをやっていては、政権が持たないから、どう解釈するかを政権に一任してほしいということなんでしょう。ま、ある意味憲法改正よりもハードルが高いかもしれません。

で、アメリカとの関係でも、どうもボタンのかけ違いがあるようです。集団的自衛権行使に関してアメリカが評価するのは、アメリカ国内で80年代ごろから根強い安保タダ乗り論があり、財政再建のために国防費を削減したいので、タダ乗りしている日本に肩代わりさせろという議論があるわけで、それに応えることでアメリカに貸しが作れるとでも考えているようですが、憲法上指揮権はアメリカに預ける必要があるので、日本の自衛隊が米軍の下請けになるという反対論が以前からありました。

しかし昨今は日中関係の悪化で、むしろアメリカが日中紛争に巻き込まれるのではないかという危惧がされるようになり、必ずしも大歓迎というわけじゃなさそうです。いわゆる尖閣問題で、先日の日米共同声明に尖閣諸島の固有名が入ったことを画期的とメディアははやしたてますが、よく読むと日本の施政権下の地域は尖閣諸島を含めて日米安保5条の適用範囲とするという米政府の公式見解をなぞっただけですし、むしろ尖閣問題をこれ以上エスカレートさせるなと釘を刺しています。尖閣に言及があったからといって、日米共同で中国と戦うとは言っていないし、むしろ中国と戦うなと言っているわけです。

むしろウクライナを巡るアメリカの対応を見る限り、相当な事態でも軍事行動には至らないと見るべきでしょう。対ロ経済制裁といっても、プーチン側近の要人のビザ発給停止や資産凍結が中心で、元々アメリカとの経済関係が浅いロシアには全く効かない形だけ制裁です。むしろロシアとの経済関係が深いEUや日本では、追加制裁の可能性があるために、資源開発や企業進出の話が進められないという状況ですが、それはあくまでもこれからのもので、仕掛かり中のものまでは遡及していませんから、やはり制裁としてはぬるいんですが、民間企業としては動くに動けない宙吊り状態というわけで、着地点が見えないことが問題という話であって、制裁そのものが問題というわけではありません。

で、ウクライナ暫定政権が公共施設を占拠するロシア系住民の制圧に動いて、オデッサでは建物に火を放ち中の人を火あぶりという蛮行まで行われており、アメリカの主張に同意しづらい状況でまだまだ長引きそうです。で、対ロ経済制裁に過剰反応している国がありまして、一つは中国です。つまり尖閣諸島を強引に取りに行った場合に、経済関係が緊密な中国では、対ロ制裁レベルの制裁でダメージを受けるということで、政府内部では本気で和解を模索しています。また新疆ウイグル自治区をはじめ少数民族問題を抱える中国自身にとっても、ロシアのクリミア編入は賛同しにくく、ロシアと結びつくのではという観測とは裏腹に静観を決めています。尖閣に関しては結局日本の独り相撲というオチです。

もう一つはエジプトでして、ウクライナが世界最大の小麦輸出国であるために、国際価格の上昇で小麦消費量が多く輸入に頼っているエジプトが苦しんでいるわけです。そのエジプトでは多数派のムスリム同胞団への弾圧が行われており、小麦不足による物価上昇はアラブの春の再現をもたらすのではと言われるほど不穏bな状況です。当然イスラエルの過剰反応から中東和平が遠のき、イランの核協議にもマイナスと、ウクライナ問題のドミノ効果は侮れません。

で、おまけに有事の円買いでドル円相場がこう着していて株価が冴えないなど日本にも影響があります。円安によるエネルギー価格上昇を考えれば、それを緩和する動きですから、日本にとって悪くない話ですが、ドル円相場が膠着する中で株価はジリ安というアベノミクス信者には面白くない展開ですが、投資家の間ではアベノミクス相場は終わったと見られています。だから逆説的に日銀の追加緩和に注目が集まり、6月か7月とも噂されますが、異次元緩和のようなサプライズは起こせそうになく、またこれまで順調と繰り返してきた日銀発表を自己否定することにもなるので動くに動けずというところでしょう。財政出動と金融政策による財政ファイナンスというアベノミクスの正体が見破られたということです。

てなこととは無関係に、注目すべき動きがあります。

東京メトロ日比谷線、東武スカイツリーラインに新型車両を導入します
‐日比谷線・東武スカイツリーライン新型車両を導入し、日比谷線にホームドアを設置‐
これキモは18m級車8連を20m級車7連に置き換えて、その後にホームドアを設置するという点で、異次元緩和以上のサプライズですが、日比谷線にそもそも20m級車が入れるのかという点については、過去に実績があります。

建設途上の東西線は東京超に達して深川検車区が供用されるまで、九段下の留置線では足りずに国鉄の三鷹電車区を間借りしていたころ、三鷹―日野電留線―新宿―田端操車場―三河島―北千住と回送して日比谷線南千住検車区に入庫するということをやっていましたし、試運転で5000形が八丁堀まで入線した実績があります。曲線部の偏倚に注目すればR160で18m級車と20m級車の差は50㎜程度ですから、支障物の移動(線路の移動を含む)でほとんど対応可能で、むしろ構造物荷重の方が制約条件になるということです。

しかし技術革新で車両の軽量化自体は可能になりましたし、8連から7連ですから、台車が減らせる分編成重量面では有利になるわけで、あとは軸重制限をクリアできれば良いということになります。またカーブの多い日比谷線では車輪の摩耗などメンテナンス面の問題もありますが、少なくとも東京メトロにはこれらの課題をクリアできる技術があります。

イメージできるのは銀座線1000形ベースというところでしょうか。小型のPMSMを1台車1モーターで分散配置し、操舵台車で曲線走行に対応するというあたりでしょうか。こうして設備はできるだけ現状のまま、大型車に置き換えるということでしょうか。だとすると東急東横線との直通運転を休止したことが幸いしたと言えるかもしれません。東急が絡むと7連は中途半端せめて8連でとか、独自設計を認めろとか、メンドクサイ要求が出てくると考えられます。副都心線との直通協議で東急に突き付けられた裏返しってわけですね。というわけで、日比直復活はないと見ますが、どうなるでしょうか。楽しみですね。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

« April 2014 | Main | June 2014 »